利尻ヘアカラートリートメントのメリット・デメリットは?

利尻ヘアカラートリートメントのメリット・デメリットを紹介します

利尻ヘアカラートリートメントのデメリット

容器が良くない

半分くらいになると、チューブじゃないため、出すときにブシュっと飛び散るようになる。頑張って使い切ったつもりで、ためしに容器をはさみで切って中をみたら、かなり残ってました。容器が固くて、残らず絞り出せないです。

 

美容師さんからの口コミで

この商品、昆布なので、鉄分が多いんですよ!ということは、パーマをその上にかけると、昆布成分の鉄分が先に反応してしまいパーマのかかりが悪い!その分カールをつけるために時間かかる。そのせいで、染まりがかなり取れてしまう。

 

素手で染めると爪の間の汚れがとれない

口コミの中で多いのが爪の間の汚れが取れないことです。素手で使っても大丈夫と言っていますが、手荒れはしませんが汚れが取れないことがデメリットです。ただ素手で使えるということは、手袋を必要としないくらい肌に優しい成分ということです。汚れを落とすのが大変だと思う方は使う前に手袋を!

 

専用のタオルを用意しておいた方がいい

確かにお風呂の後にタオルにうっすら茶色い色がつきます。私が流しきれていないのか、流れ落ちていくものなのか。出来れば専用のタオルがあると安心して使えますよね。

 

利尻ヘアカラートリートメントのメリット

  • 臭くない
  • 白髪染めが面倒じゃない
  • 頭皮や髪に優しい
  • ヒリヒリしない
  • トリートメント効果がある。
  • 敏感肌でも使えるほど安全
  • 選べる3色
  • 真っ黒にならない自然な髪に染まる
  • 敏感肌の方でも使える

 

利尻ヘアカラートリートメントをオススメする人・おすすめしない人

おすすめしない人

頭皮や髪が傷んでもいいからすぐに染めたい人
安ければいい人

おすすめする人

髪や頭皮に優しい白髪染めを使いたい人
トリートメント効果も一緒に必要な人
自宅で簡単に白髪を染めたい人